×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いびきの治療について

いびきというのは、あまりにもなっている人が多く、社会的にも問題があるのに、病気だと認識されないだけで診断や治療が遅れてしまい、重度になる場合がありました。
いびきには薬での治療法がないと言うのがほかの病気と大きく違う点だと思います。そのために手術以外の民間療法がたくさんあります。ただし治療効果には多少問題があると言えますが・・・
レーザー治療の利点としては「痛みが少ない」「出血が少ない」「局所麻酔」「副作用が少ない」「入院不要」といわれています。レーザー治療は、簡単な局部麻酔と軟口蓋を広げるレーザー治療で、いびきの問題を改善できることが可能となったのです。
しかし、保険適応外の為手術費用が高額になる可能性があります。約20万円前後位ではないかと思います。その他には鼻炎治療として、鼻の奥の粘膜をレーザーで焼いて、鼻の空気の通りを改善します。
手術後2〜3週間ほどは不快感、アルコール摂取をしない、食事制限などがあと思いますが徐々に改善できますので忘れずに通院することをおすすめします。
また、症状によっては保険適用になる場合もありますので医者と相談する事をお勧めします。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

いびきの手術について

いびきはどうしてかくのでしょうか?いびきの原因として多いのは以下に挙げられることではないでしょうか?
1.鼻疾患や鼻炎などの疾患による悪化
これは、悪化しているようであれば場合によっては手術が必要になります。
2.肥満
大人の方が肥満である場合は、ダイエットが必要になります。
3.アデノイド肥大や物理的な口蓋扁桃肥大等の場合
この場合の解消法としては、口蓋扁桃肥大が大きい子供さんや、大いびきなどの場合、口蓋扁桃腺手術適応、口蓋扁桃腺摘出手術などが必要になります。
4.アルコールや薬摂取による鼻の粘膜の肥厚や充血
いびきを解消する為の手術には、「副鼻腔手術」「鼻腔形成術」「口蓋扁桃摘出術」「アデノイド切除術」「軟口蓋形成術」など色々な手法があります。健康保険が適用される場合と適用されない場合がありますので、前もって調べる事をお勧めします。
いびきをかくことにお悩みの方はすぐ手術という方法を取らないで、まずは専門医によって調べてもらい治療法、改善法をよく相談して決めたほうが良いと思います。

いびきを解消するレーザー治療

今まで治療が困難と思われたいびきも、最新のレーザー治療で短時間で解消できるようになりました。「いびきをかくこと」には自覚症状はないですが、家族や友達などの安眠を妨害したり突然死などすごい病気を引き起こしたりするかもしれないのです。「いびき」と甘くみたら大変な事になるかも知れないのです。
その「いびき」を解消するための方法として「レーザー治療」があります。のどちんこの部分の周りにレーザーをあてて、気道を広げるようにすると、喉の粘膜の震えが解消され、いびきが軽減されます。手術時間も5〜15分程度で短いし、術後の通院は、絶対に必要ではありません。
また痛みですが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みが出たり、また食べ物を食べると飲み込みづらいなどの違和感がある場合があります。
治療後の食事制限ですがアルコールやタバコは控え、熱いもの、辛いもの、固いものなどの刺激物なども控えるようにしたほうが良いでしょう。
また処方されたうがい薬を1日5〜6回ほど使ってうがいするようにしてください。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 いびきの治療について